いつまでもきれいでいたい、日々の美容への努力の大切さを痛感

私自身は、自分がすごくきれいではないので身綺麗でいるのに努力しています。あまりお金をかけられないのですけど、ポイントポイントできちんとするようにしてます。

白髪がでるようになってからは、1カ月に1回は美容院にいくようにしたりしています。
歯の健康ときれいな口元のために歯石とりと歯の健康チェックを3カ月に1回いったりと昔は気にかけなかったところを気にかけるようになりました。
昔は、ぱっと目につく美容にお金をかけていましたが、今はぱっとは分からないけどよく見ればきちんとしていると思われるお金のかけ方になっています。

丁寧なケアをしているほうが、女子力があがる気がします。
肌がきれいとか、歯がきれいとかよく見ればきれいっていうところに力を入れています。
そういうところに力をいれているほうが、女子力がアップしそうです。

チープなものとブランドものをとりいれたりと全部チープなものにしなかったり、ブランドものにしすぎないようにしています。
力を入れすぎず、抜きすぎずがいい感じの女子だと思います。

 

アンチエイジングとは

巷で話題になっている、アンチエイジング。
私のサロンのお客様もアンチエイジングにはかなり敏感になっています。
アンチエイジング=若返りのような方程式ですよね!

まずは体の中からキレイにすることをお勧めしています。
例えば、毎日水分をたくさん摂ること。
欲を言えば、水素水がオススメです。
水素水は体内の活性酸素と脂肪を合体させないような効果があります。
この飲み物はオススメです。

また、90%以上の方がお肌のしわ、たるみなども気にされているのが現状です。
お顔のお手入れは、日々のホームケアや月に数回のお手入れをすることでアンチエイジングに繋がります。

ホームケアでは、正しい方法で基礎化粧品を使えているのか、それが肌の内部まで浸透しているのかどうかというのが大切です。
時間が無いからと言って化粧水→美容液→乳液を時間の間隔も空けずに塗布するなんて以ての外です。
しっかり3分は間隔をあけることが大事です。
アンチエイジングとは、様々な角度から身体にとってどのようにアプローチしていくのかが大事ですね。

 

30代の美容への努力

30歳を超えて女子力のある子とない子の差が開き始めてきたと感じます。20代の時はお手入れしてなくてもキレイな子はキレイだし、ちょっと野暮ったい感じでもスタイルでなんとかカバーをしていた気がします。

でも30代に入って、昔美人だった子が一気におばさんぽくなっていました。きっと女子力磨きをサボっていたんだと思います。毛穴も開いていて髪型もボサボサ。全体的に肌がたるんでいて、40代近くに見えるようになっていました。家事育児に追われて、外出する機会も減ったから美容はお金もかかるし興味がなくなったという事でした。

それに比べて昔ブサイクだった子は、美容に力を入れて女子力をアップさせていて30を過ぎたというのにシミひとつないツルツル美肌。メイクもきちんとしたナチュラルメイクで、髪も月一回サロンに通ってるだけあってピカピカ。エステに行ってるわけではなく、毎日家でヨガをしているとか。

2人を比べると見た目のキレイさはもちろんあるのですが、オーラというか生活のハリみたいなものも見てとれて、日々の美容への努力の大切さを痛感しました。私も仕事で疲れてメイクしたまま寝てしまう事もあるので、今日から美容パックする勢いで女子力向上を頑張ります。