周りからは「朝顔さん」と呼ばれるほど肌の調子は良かったけど…

美肌術を心がける余裕がなかったように思います。

学生時代から「洗顔」だけは欠かさずやっていましたが、あとは適当にやっていました。

メイクも濃くなく、朝お化粧を施したら、1日中そのままから、周りからは「朝顔さん」と呼ばれるほどで、でも、このニックネームも好きでした。

異常気象と言われ、今では平均気温も高くなってきて、日向にいると素肌がピリピリするようになりました。

流石に少し心配になって、日焼け止めクリームを使用することにしました。

ですがあまり変化はなく、「夏も潤いケアが必要だ」だと思い当たるまでちょっと悩んでしまいました。

冬は素肌がつっぱるので潤いが足りていないのが分かりやすいですが、真夏も肌は乾燥していたのです。

「化粧水&乳液」は夏はベタつきにくい物、秋冬はたっぷり潤うものと使い分けていますが、そこは替えないで、夜のケアの時に美容クリームで保湿ケアを施すようにしました。

朝は目のあたりや口周辺のシワに効き目があるケアアイテムを試しています。

小じわなどは「老化現象だから」と目をつむっていましたが、乾燥対策を講じないとどんどん目立ってきそうですからね。

努力の甲斐あって、こういったお手入れで日差しで受ける妙な感じもなくなり、皮フに潤い感が出来てきました。

老化現象は仕方ないなんて思わずに色んな事を実践してみると良いんだ、とつくづく感じました。

美容記事などを読んでいると、肌状態を維持するためには、油物は控えめに!なんて話があります。

脂質を過剰に摂取してしまうと、デブになるわ、胃はもたれるわ(ニキビが出来やすくなります)、良いことは一つもない・・・というような内容のことは、誰しも1回ぐらいは見聞きしたことがあるでしょう。

けれど、逆効果になることもあるんですよ。

私が、実際に聞いた話なんですが、ある人が健康維持の為に食事内容を考えて、脂っこい物を避けていたら、だんだんとお肌がゴワゴワしてくるようになってしまったそうです。

先程、特定のひとりの話のような言い方をしましたが、そのような女の人が自分の周りに3~4人はいます。

脂肪を落とすため、ヘルスケアのため(血管若返りも見込んで)、と普段の食生活で脂っこい物を避ける人がかなりいるようですが、何事もやり過ぎはよくないようですね。

◯◯ダイエットなどと、様々な形で流行をみせますが、美肌作りも大切なので、ダイエット同様、ほどほどに油分をとることも考えていったほうが良いことがわかりました。

何をするにも度が過ぎないようにしないとね。

全身美容の為、おやつにナッツ類を口にしています。

座り仕事なので何となくいつまでも間食をしてしまい、自己嫌悪に陥ることもしばしば…。

ナッツならば、腹持ちがよく、少量を口にしただけで満足感があり、その上美容健康に嬉しい栄養も多く含んでいます。

極端に食べ過ぎると肌荒れする事もありますが、食べ過ぎなければ、普段とりづらい栄養成分を効率よく摂り込めるのです。

糖質量も多くないので、ダイエットにももってこいです。

アーモンドとヘーゼルナッツ、くるみを合わせて、一日に30グラムくらいと決めていますが、ときたまピスタチオとかブラジルナッツなんかを足したり、どうしようもなくあまいおやつを口にしたくなったら、チョコなどで甘い味付けがしてあるナッツをちょっぴりいただくようにしています。

チョコレートがビターならば、「カカオポリフェノール」なども含まれているので、美容効果も増します。

何種類もあり、味が違うナッツを一個一個口に運ぶことによって満足度が高まるし、食べ飽きる事もないのでお勧めの食品です。

スポーツをするのが好きなら仕事の鞄に常に入れておきたい制汗剤

やっぱり運動をすると気になるのがわきの臭いだと思う。

さらに、当の本人よりも周囲の人の方によく伝わってしまうのが耐えられない。

クサいというだけでイメージダウンしたくない。

どうせなら、匂わない人の方がいいに決まっている。

自分がやっている脇臭対策は制汗剤のスプレーのみだが、お気に入りアイテムがあるのです。

最近よくある「AG+」です。

銀含有ゼオライトが猛烈なニオイを消してくれるという物。

すこし衣類を脱いで吹き付けられるため仕事の鞄などに常に入れておきたい。

他にも気になったものがクリームだけど、脇の毛の処理をしなくてはならないのが面倒くさい。

昔処理をした事はあるが、処理後は痒くてしょうがない。

日々の生活に差しさわりが出たのでわたし自身は使いやすいスプレーを使うようにしている。

「8×4」や「ban」といった様々な物を試してみたが、スプレーのニオイが自分の体臭と混じってしまい大変な事になった経験があるから、無香料の「AG+」を愛用している。

手軽にできる方法だから「AG+」はお勧めです。

体臭って一旦気になると本当に気になってしまいますね?今はオーストラリアで暮らしているので、「ここ最近風呂に浸からずシャワーだけで終わらせてしまうことが多いから?」と体のにおいが気になり始めたこの頃です。

特に脇の匂いですね…。

おそらく自分にしか分からない程度の匂いです。

お風呂が原因というか、もしかしたら肉ばかりの食生活がいけないのかもしれません。

だけど豪州人の旦那は、前はときどき脇の匂いが気になってたのですが、一緒に暮らし始めて和食を食べる割合が増えたせいか、そんなに気にならなくなりました。

だけど、一番気になるのが息子の足の匂いです!我が家の子どもは男の子が二人ですが、下の息子の足の匂いのくさいこと!特にサンダルを履いた時!まだ6歳なんですよ…。

こちらの学校では日本のように上履きに履き替えるなんてことは無く、朝からずっとくつを履き続けているのです。

靴に湿気がこもるのかな?当然ですが、家では日本と同じように家の中では靴を履きません…。

とりあえず、足を洗うときは念入りに洗ったり、くつもマメに洗っているつもりですが。

なぜあんなに臭いのでしょうか?
普段自身の汗の臭いが気になるような事はほとんどなかったのですが、つい最近転職して殆どが女性という職場になり、自分自身の汗のニオイが気になるようになってきました。

ともかく幸せな事ですが、すぐそばにはたくさんの若い女の子がいます。

業務上どうしても汗をかきますが、みんなスプレーか何かを使っているのか良いにおいがしています。

その一方で、自分は汗臭対策なんて何もしていません。

全然気にした事はなかったのですが、やはり臭いがするんでしょうか?するしないと誰かに聞く訳にもいきませんし、万が一今はしないとしても年を重ねたり、暑くなればにおいが出てくると思うし、汗臭対策は早いところやっておいた方が良いかもしれません。

気になって、会社帰りにホームセンターに行って久々に制汗剤コーナーに行きました。

スプレーのもの以外にも、汗対策の商品はいろいろと売っていて、私の学生時代がすごく昔だったように感じられました。

差し当たり使いなれている物と似たタイプの物を購入。

スタイリッシュシトラスのかおりのスプレーです。

明日から使用してみます。

明日からは汗の臭いに不安心を抱かず働けると思います。

健康な体やお肌の為にどんなことがいいのかと考えると、やはり眠ることが何よりも大事。

熟睡できたなぁという日は、肌のコンディションもいいと感じます。

どんだけ美容液を塗りたくっても、眠りが浅いときには肌もガサガサです。

そう思うと、よく動きよく眠る慎ましい生活をすることがイチバンなのかなと感じます。

その質素な毎日がなかなかできません。

ストレスがあったり、体はしんどいのにいつまでも眠れなかったり。

これまで通りの生活を続けていると、体中どんどん凝り固まってしまうと思うのです。

これは良くないと、日頃の生活習慣でできそうなことをできるだけ努力することを意識しています。

普段は自転車に乗っている距離を歩きにしてみたり、パソコンをしていたら一分間のストレッチをしてみたりして。

こんな簡単そうなことでも、没頭しているときなどはかなりの意志力が必要です。

そんなことを少しずつでも続けていたら、夜はもう目を閉じるとパタッと朝まで熟睡できるようになり、何だか新陳代謝が上がったような気がします。

お肌の色ツヤの為にも、できるだけ努力する毎日を定着させたいと思います。

参考:薬用イビサボディスクラブを安く買える販売店!VIOのカミソリ負け予防がお試し通販なら34%OFF
URL:https://www.top-ogloszenia.com/

刺激のない生活をしているといつの間にか年齢が上がっていて衝撃を受ける

家でテレビを見て過ごすのは程々で辞めて出来る限り外に出るようにしました。

自ら外出するようにしないと老けて見られてしまう為です。

ずっと家に居ても楽しくないですよね。

安全なのは確実でしょう。

だけど、安全な毎日を過ごしているだけでは刺激が足りません。

刺激は全身の若返りに必要です。

刺激のない生活をしているといつの間にか年齢が上がっていて衝撃を受けます。

毎日が繰り返しの生活だとそんな事が起こりやすくなります。

常に同じように働き同じ時間に終業して同じ経路で自宅へ戻って・・・といった毎日だったら歳をとるのも早くなります。

時々でいいので違った仕事をするとか仕事帰りに行ったことのない店に寄ってみたり、刺激がある何かをしてみることも必要だと思います。

そうしたことが美容にも繋がってくるので、極力外出して知らなかった事を見たり聞いたりするようにしています。

簡単ですがちゃんと効き目はありますよ。

私が美容の為に努力していること。

実を言うとほとんどありません。

しいて言うとのんきなタイプです。

だけど、一番効果があると思って実行していることがあります。

それは「背筋をピンとしていること」です。

どれほど丁寧にお化粧をしていても、流行の服やアクセサリーなどで綺麗に見せていても、悪い姿勢をしていれば美しくありません。

私は、できる限り家以外では背筋を正すように心がけています。

背筋を正すという習慣は実際は結構難しい事なのです。

長い事まっすぐの姿勢を維持するには意外と体力が必要なのです。

自分の体に心なしか脂肪が付きにくいと感じるのも、この習慣からきているのかななんて思います。

姿勢をピンと張って毎日生活していると、手足の動作も気にするようになります。

毎日の美容ケアにおいてはその延長線でするようになりました。

背筋をピンとしようという心がけから、自分が他人にどのように見られているかが分かり、体全体から手や足の美容を心がけようと思うようになったのです。

美容で気を付けている事といえば、私の場合はお風呂で一息つくことです。

ストレッチなどの、からだのお手入れをしようと思っても、ついうっかり忘れてしまって寝てしまうのです。

ですから私自身は入浴時間を増やして、お風呂場でちょっとしたストレッチなどをしているのです。

お風呂に入るのは毎日だし、ついつい忘れるなんて事ないと思います。

ほかにも、水の中は体の負担になりにくいので、ムリをしなくてもできるのです。

リンパマッサージで血行を良くしたり、湯船に入って温かくなった体を水で冷やすと、肌が引き締まると聞いたのでそのようにしているのです。

だけど、ゆっくりお風呂に入ると言っても、長い時間お湯に浸かり過ぎるのはダメです。

長時間湯船に入っているとのぼせ上りますし、何より乾燥肌になるリスクもあります。

10分から20分を目安にして、ゆっくり入りましょう。

柑橘系くだものの皮をお湯に入れても良いと思いますし、入浴剤なんかも気分が落ち着いていいですよ。

自分にとって、心休まる空間になっているので最高の美容タイムです。

年齢が出やすい首はしっかりと日焼止めを塗って対策

紫外線対策を、季節を問わず、いつも必ず行こないます。

日焼けって、肌の老化の始まりで、美容には悪影響ですので注意しなくてはなりません。

特に年齢が出やすい、首においては、しっかりと日焼止めを塗ります。

夏の間は、海水浴などに行くため、2時間おき位で日焼け止めを塗るようにしています。

それが良かったのか、実際の年よりも若く思われます。

日焼けをしているかどうかを見分けるには、二の腕の裏の箇所の色を見ると分かると思いますが、いかに、UVケアをしていても何年も生きていれば、全く日焼けしていないわけではないので、警戒するようにしています。

それに、目からも、日焼けをするという事を知り、夏の間はサングラスをかけるようにして、日焼けしないように気を付けています。

日焼けしてしまうと、しみ・そばかすなどの原因になり、シワが出来やすいので、十分なケアが必要です。

日焼止めアイテムについても、SPF数値の高い物で、ジリジリした日差しの時は、メイク道具もUVカット効果があるもので紫外線対策しています。

最近美容で気を使っている事は、一定の体重を保つことです。

私自身は、夏やせするタイプなので夏になると3kg位ひどいと5kgほど痩せます。

ぽっちゃり系の人にはうらやましいと思われるのですが、痩せ過ぎてしまうとシワが増えたり病にかかったんじゃないかと心配されることがあります。

その為夏には痩せないように自分にとって一番良い体重をどのようにして維持をするかということを頑張っています。

すると例年の夏と異なり2キロ程度太ってしまいました。

年を重ねたからかも知れませんが、たいてい夏になると痩せ冬には太るというパターンで平均体重をキープしていますが、今回は少しやせないとダメみたいです。

夏に甘いおやつをいっぱい食べたことで太ったみたいなので、ここ最近はおやつにフルーツなどにしています。

その結果元の体重になりました。

魅力という事を考えると痩せ過ぎだったり太り過ぎは綺麗ではないと思います。

歳を重ねるごとに痩せすぎた場合シワが目立つようになってしまいます。

12ヶ月のうちには四季がありますが、季節ごとにあった食事をバランス良く摂りつつベスト体重を維持するのが本来の「美」だと思っています。

昔は睡眠不足なんてどうってことなかったのですが、アラフォーになってすごく美容のためにならないと思うようになったのです。

ちょっと前に2~3時間しか眠れない日があり、翌朝の顔が大変な事になっていたのです。

まずは、目のくまができて疲れがたまっていますと顔で表現していました。

また肌に潤い感がなく化粧のノリも全然良くなかったです。

それ以来何が有ろうと就寝時間は絶対に0時を過ぎないように気を付けています。

そうすれば最低でも六時間は寝られるので、くまはできないのです。

また、ここ最近は睡眠の質も重視しています。

睡眠時間は同じでもしっかりと寝れた時は、寝起きに違いが出てくるのです。

ですから、普段の適度な運動とぬるめのお風呂にゆっくりと入ること、夜遅い時間の食事は避ける事を心がけています。

程よく疲れすぐに眠ることができしっかりと熟睡できるので、次の日の朝の化粧のりやお肌の感じは全く違います。

キレイな肌を保つためにも睡眠時間の確保を頑張りたいと思います。

自分自身が普段美容に関して心がけていることは、まず擦り過ぎない事と洗い流し過ぎない事。

以前は、汚れや余分な角質を取り除く事に夢中になっていました。

ピーリング石鹸に、スクラブ洗顔や角質ケアローション、さらには剥がして使うパックを使って、いつも皮膚を擦り続けているような状態でした。

美肌になれると思ってしていた事なのですが、その結果は徐々に乾燥が激しくなり、いろんなお肌のトラブルを背負う事になったのです。

その為に液体の洗顔料に変え、化粧水は手のひらを使ってそっと染み込ませるようにして、肌に物理的な刺激のあるお化粧品を使用するのをやめてみる事にしました。

そんなお手入れ方法に変えてみたら、乾燥が気にならなくなり、肌トラブルもよくなってきたのです。

地肌に自活力がついた感じがするのです。

まず第一に汚れや古い角質を落とすことに力を入れていた時よりも、にきびなどがあまりできなくなりました。

それでも、まれにがっつりスクラブで洗いたいと駆り立てられたりするのですけど、今の状態を守りたいので何とか抑えています。

関連サイト:薬用クリアエステヴェールを安く買える販売店!マキアレイベルのお試し通販なら1980円
URL:https://www.inthakitchen.com/

無理なダイエットをすると艶のない肌になることがある

近頃は一言で「美容」と言ってもそのやり方や種類はたくさんあります。

そうした数ある美容で意識していることがあります。

美しくなりたい為にダイエットを行い無理な食事制限でダイエットということもあるのではないかと思います。

ですが、無茶苦茶なダイエットを行うとストレスでイライラしてしまったり、食事の制限をして油物を摂らなかったりというようなダイエットで、艶のない肌になることがあると思います。

自分の為にならないダイエットを行うのではなく、なるたけ野菜をたべたりして過食しないよう食事の抑えながらしっかり食べています。

美容のためには睡眠も大切です。

単に寝ればいいというわけではなく、良質な睡眠が大切なのです。

良質の睡眠をとることで、肌のバリア機能が高まり、様々なお肌への悪影響が防げるのです。

ですから寝る1時間前にはスマホを触らないようにするとか、ストレッチングをしているのです。

あとはいつも笑顔でいることです。

笑顔というのは免疫力を高めるし、表情筋も鍛えられるのでよく笑うように心掛けています。

テレビを見ながらや、誰かと話しをしている時でもニコニコしている事が必要な気がします。

少しでもキレイになりたいので良く噛んで飲み込むようにしています。

しっかり噛んで食べ物を細かくかみ砕くのは体にもよいことです。

元気でいるためにも何度もよく噛んで食べることを常に心がけるようにしています。

何度も噛むと唾が出てくるのですがこのツバがからだに良いのです。

少しくらい悪い物を胃に入れても唾液のもつ消化作用や抗菌作用でお腹をこわすことも無いのです。

どう見ても腐ったようなものを食べればどんなにしっかり噛んで食べても体調が崩れますが、多少古くなったものならゆっくり噛んで唾液をたっぷり出せば案外だいじょうぶです。

そうは言っても、自分は傷みかけたものはできる限り食べないように気をつけていますが・・・。

歳をとると体の免疫力が衰えてくるので古くなったものは躊躇わずに廃棄してしまいます。

廃棄するほどでもないと思ったものはしっかり噛んで胃に入れるようにしていますし、その場合じゃなくても食事はすべて咀嚼して食べるようにしています。

ほおの肉がピンと張る効果も期待できるのでお勧めします。

美容の事に関して気を付けていることは、紫外線と乾燥対策です。

UVケアについてはいつも、外出時にはUVカット率の高い日傘でカバーしています。

1年中、部屋の中でも、SPF&PA数値の高いBBクリームやファンデーションを使用しています。

あと美容液には、しみやそばかす対策として美白成分が入った美容液を使っています。

暑い時期はテカリやすくなるので、ローションやミルクは油分の少ないものを使用していますが、乾燥が気になる季節は保湿にも気を使っています。

エイジングケアや潤い効果の高い良質な植物オイルを配合した美容オイルやクリーム、美肌効果のあるセラミド配合の美容液を使ってケアします。

スキンケア製品にはもちろんメイク用品も、肌が刺激を受けそうな石油系化粧品成分が配合されていないものでケアしています。

合成ポリマーやシリコンなど、化学成分が配合されていない化粧品なら、植物由来で肌にやさしい洗顔クリームで化粧が落とせるので、お肌のしっとり感を残すことができ、保湿に繋がります。

家族と同じバスマットを使うと嫌がられる水虫

ちょうど季節も暑くなる夏になると、毎年悩むことがひとつあります。
その悩むことというのも、水虫の悩みです。
季節的に暑くなると、足が蒸れてしまい毎年のように水虫になってしまいます。

水虫になることで足がかゆくなったり、サンダルを履くと水虫が目立ってしまうので涼しいサンダルを履きたくても履けない状態です。
水虫のせいで暑い夏でもしっかり靴下を履いて靴を履くスタイルしかできないので、さらに水虫が悪化してしまいます。

だいたい冬前になると少しは状態も良くなりますが、小さく水虫の後が残ってしまうので足が汚く見えてしまい、本当に切ないです。

家族にも水虫なので同じバスマットを使用していると嫌がられ、なるべくバスマットを使用しないようにしなければいけません。
なのでお風呂上がりにはしっかり足を拭いてからそのままバスマットを飛び越えて上がるようにしています。
何かと水虫のおかげで不便な思いをしているので、何とか根本から解決する解決策があればぜひ実践してみたいなと思います。

 

水虫は恥ずかしい?

水虫は男がなるもの!

そう思っていた私は20歳の梅雨、足のかゆみはただの虫刺されと思い放置した結果、数年たった今でも悩み続けることになりました。

まず病院へ行かず放置してしまったのが一番の原因。
そして水虫は男がなるもの、まさか自分が、という思い込みが悪かったと反省しております。

その年は寝ている間無意識にきむしったりしてしまい、気が付けば右足の裏にまで浸食。
水虫だと自覚し慌てて病院へ行き薬を貰いましたがそれからは酷いかゆみとの戦いでした。
とにかくかゆい。

薬を塗っても収まらないかゆみに耐えるのは想像を超える苦痛。
恥ずかしさと痒さのあまり「なんで自分が?」と泣いた事も何度もあります。

そうです、恥ずかしいんです。
水虫になったなんて不潔だと思われるのが当時は恥ずかしくて仕方がありませんでした。

今ではCMなどでも女性専用の薬やブーツなど履き続けると蒸れて水虫になりやすいなど知られており、ドラッグストアでも水虫薬が置いてあり気軽に購入できますが、私は恥ずかしがらず初期症状の段階でぜひ病院へ行って欲しいと思っています。

可愛いスニーカーやヒールやブーツを持っていても足が水虫では靴ごと捨てる羽目になるのです。

 

やっかいな足の水虫治療

足の水虫治療は本当に厄介です。
仕事柄なかなか病院へ通院して治療することができないため市販薬での治療を行っていますがなかなか完治しません。

仕事柄靴を履いている時間がかなり長いため靴のなかが蒸れた状態で、特に夏場などは悲惨なものです。
患部は足の指の間のため、薬を塗ってもなかなか患部を乾燥させにくいため苦労しています。
いつもすぐに完治する薬が早く開発されないかと心待にしている状態です。

一番の悩みとしては歩くときに痛みがはしることです。

歩くときに痛みが走るのは仕事にもプライベートでも常に気になってしまい、100%物事に集中できなくなるとともに、歩くこと自体がおっくうになってしまいます。

また、別の悩みとして水虫は感染するため自宅に居るときでも家族に移してしまわないかいつも気にしてしまい心休まる時がありません。
毎日薬を塗り、患部を常に清潔にするように心がけていますが、少し治りかけてはまたひどくなるといった、いたちごっこ状態です。

現在の水虫に対する悩みはこの2点が大きな悩みです。
この他に細かいところまであげると数えきれないくらいの悩みになります。

水虫を患うと本当に様々な悩みを抱えます。
自分だけではなく、家族や自分のまわりの人にまで迷惑をかけてしまうかもしれないといった点や、なかなか完治せずに痛みと戦わなければならない悩みを水虫の人は抱えていると思います。

家族や子供に水虫をうつさないためにも早めの対策を考えています。

普段からハッピーでいる事が美容面で大切なこと

第一に、猫背にならないようにしています。
外出時には腹筋を意識しながら歩き回る事で体幹をきたえています。

二つ目は、「咀嚼」。
「よく噛んで食べる」事の大切さは挙げたらキリがありません。
食物の大切さも実感できます。

三つ目は、自身の身体に素直に向き合う。
カラダが「気持ちいい」と感じるケアをします。
お風呂にじっくり入ったり、体を揉みほぐしたりね。
自分の体に耳を傾けるのです。

摂取したい食品を何時であろうが好きなだけ摂取する。
満腹を超えるほど食べることはからだが「気持ち悪い」と感じるしスタイルに影響するし良いことがない。

好きなときに体を動かす。
疲れているのに美容体操なんかしたらからだは更に参ってしまいそのうち面倒臭くなってしまいます。
身体が求めている時にするストレッチなどの満足度はかなり高いです。

それから、家の片付けやおそうじ。
実は美容面でも関わりがあることで、ステキな女子は部屋も清潔にしています。

ちゃんとお手入れされている家の中は安らぎをもたらします。
精神的に落ち着いているとそれがにじみ出るので明るいイメージになります。
普段からハッピーでいる事が美容面で大切だと思うのです。

年齢を重ねてくると肌が乾燥してきたりモチモチ感も無くなり「たるみ」などが目立ってきます。
これは素肌だけではなく頭髪にも言えることです。

20代のころは本当に健康的だった毛髪が、いつの間にか太さを失い今までのヘアースタイルが似合わなくなる事があります。
頭髪がぱさついてくると老けて観られる場合もあるため、自分自身では見る事が出来ないうしろ姿はとくに注意しています。
毛髪の伸びるスピードも、以前よりも落ちてきていて美容院にいく間隔が開き始めたりします。

とは言え傷みはすすむため、揃える程度でもカットしてセットし直すと見た感じ非常にキレイになって若々しくみえます。
毛染めをやり続けているとやっぱり痛みやすく、毛の先っぽの潤い感がなくなるとヘアスタイルに影響してしまい、一つにくくっても美しくなりません。
お肌のケアも大事ですが髪のお手入れもした方がいいですよ。

水分不足の毛髪の末端はトリートメント剤等で保湿してあげ、ボリュームダウンしたかみの毛は自身に適したシャンプー剤を用いる事も効果的です。
頭の毛はブラシを入れることでツヤツヤしてくるので、髪の毛のケアは年齢をかさねた人ほど習慣的に丁寧にやっていきたい事ですね。

美しくなるために気を付けている事は心労を抱え込まないということ。
ストレートに美容的な事かと言えば人それぞれですが、わたしはというとストレスが溜まるとニキビが出てきたり、どういうわけかもりもり食べたりしちゃうので「ストレス」は美容トラブルの元なのです。

雰囲気的にも、「ストレス」を抱えていないと若々しくなるので他人に与える印象も違ってくると思います。
その為には内的ストレスのなくし方が大事ですね。

あたしは鬱憤がたまってきたらやりたい事に没頭して鬱憤を晴らしています。
それ程熱中出来ることなんかないって方でも、やってみたいなぁと思っていたことを実行に移すだけでも少しはリフレッシュ出来ると考えられます。

そつなく心を楽にする対処法を身につける事でそれが最終的に美容に良いと考えています。
ともあれ心労は見た目にも出やすいので心配りが必要なのです。

年を取っても健康的なご婦人は、やはり何かその源となるようなことを実施している人がけっこういるので、そのような角度で見ても内面を磨くということは肝心なんだと思います。

美容になる事でやってみたいことはいっぱいありますが、私はとりわけ生活のスタイルを一番に気を付けています。
「美容に関しては、眠ることと体を動かす事が大事」というのは分かっていますが、仕事や家事が忙しくてそこまでやっていられない!なんて思いますよね。

でも、頑張れば出来る事だってたくさんあります。
例を挙げれば、メイクに費やす時間があるのなら、少しでも長く眠る。
ファッションサイトなんか見ていないで、歩いて出かける。
遅い時間になると濃い味の物が食べたいと思うので、仕事の帰りに体にいい物を食べて夜ごはんにするなど。

それぞれはちょっと頑張れば出来ますし、「そんな事くらいで効果が出るの?」なんて思いますが、日々の頑張りは軽視できません。
私も初めは半信半疑で生活習慣を改善してみたのですが、少しでも長く寝るとお肌の調子が良い感じでメイクが薄くできる、少しでも運動をしたら体力もついてお肌に疲れが現れなくなる、ってな感じにめぐりが良くなりお肌的にも体的にも健康的になれたのです。
地味な事だけど、毎日コツコツが重要なのです。

20代にスキンケアを疎かにした結果、40代になって後悔

私のお肌の一番の悩みは最近頬の周りに増えてきたしみやソバカス、それに黒ずみです。
年も40歳を超えたら一段と気になるようになりました。

20代の頃は洗顔のやり方、メイク、お手入れなどあまり気になりませんでした。
メイクを落とさず寝てしまうこともありました。
こんなことを長い間続けてきたため、シミの黒ずみが気になって顔を見るのが嫌です。

朝晩、洗顔の後に化粧水、クリーム、美容液ときちんと塗るようにしています。
朝はいつもUVカットクリームをぬっています。
日々のスキンケア、洗顔とクリームと美容液もちろん必ず毎日しています。

一週間に二回、パックもしています。
少し前からは、身体の内側からが肝心という事も聞いたのでプラセンタを摂取することにしました。

そして適当な息抜きと入浴することです。
近所にあるスーパー銭湯に行きのんびりおフロにつかり血の巡りを良くして、老廃物を出すことです。
自宅の場合も湯ぶねにつかりお顔のマッサージをします。

もう40歳過ぎなので、毎日のお手入れは必要だとしみじみと感じました。
最近は毎日必ずやっています。
女の人の悩みに多いシミやそばかす、くすみだと思われますが、毎日のスキンケアと日焼け止めを塗り、小まめに塗り直しをすることが大事です。
隠すのでなく食い止めることが大事です。

自分が美容の事に関して気を配っていること、といえば、美しい姿勢を保つことです。
姿勢を正すと美容にもいいの?なんて考えられないような組みあわせの様に思われますが、少し前に、ウォーキングの指導員さんのお話を聞き、「正しい姿勢じゃないと年を取っているように見える。」という話をされました。

その先生が、良い姿勢と悪い姿勢で歩いてみてくれたのですが、それだけの違いで、10~20位の違いが出てる!というような感じでした。
それと、「綺麗な姿勢でいないと、おでこや首まわりにシワが寄る」と言われていました。
顏や首筋も、体の一部なので、バランスが狂ってしまいどこかがつっぱったり、たるんだりすると、シワを引き起こしてしまうそうです。

そのことを聞き良い姿勢を保つように気をつけていたところ、前から気になっていたおでこのシワが薄くなってきたのです。
その後からは、気がつくたびに背筋を伸ばして、正しい姿勢でいるようにしています。

若かった頃は何てことなかった寝不足が、四十歳近くなってもの凄く美容に良くないと思うようになったのです。
先週3時間しか眠れない日があり、起きた時の顔は悲惨でした。
まずは、目に下にクマができとても疲れていますという感じになっていたのです。

それからもちもちお肌とはほど遠く化粧のノリも酷かったです。
それ以来どんな場合でも就寝時間は絶対に0時を超えないようにしています。
そうする事で最低6時間は寝られるので、くまはできないのです。

さらに、近ごろは眠りの質にもこだわっているのです。
同じ時間眠ることが出来てもぐっすり眠れた日は、寝起きに違いが出てくるのです。

その為、毎日軽く運動することとぬるめのお湯にゆっくりとつかる事、夜遅くに物を食べないようにする事を気遣っています。
程よく疲れ寝付きが良くなりしっかり眠ることが出来るので、次の日のメイクののりや肌の感じはとてもいいです。
美しいお肌の為にも眠る時間を確保するように頑張りたいと思います。

身体が老化すると見た目が悪くなっていく。
この事は、常識になっている話です。
ですから自分も真似てみる事にしたのです。

お肌の曲がり角という歳はとうに超えていますが、ちょっとでもその状態を維持したいと思ったからです。
そこで、まず最初に調味料の砂糖はやめました。
本みりんや甘味料を駆使して何とかしています。

これで食事に関しては何とかなるのですが、困るのは間食のおやつです。
頭の疲れを癒すのは甘い物という思い込みがあるので、減らす事は難しいです。
仕事が終わった後の甘いクッキーってなんであんなにおいしいのでしょう?だけど、女性は見た目が勝負。

そこで理性が働き「肌が老けるのが怖くないの?」とつぶやくので、辛うじて節制できています。
頑張り過ぎて自分を過大評価しているのは否定しませんが、脱シュガー生活を続けて早一年。
前ほど砂糖に憑りつかれた毎日ではないです。

そして、私の場合は肌よりも髪質がとてもいい感じに。
鏡の前でツヤの出てきた髪を見ていると、「努力の結果」と思えます。

自分の中ではいい姿勢を取っていると思っているのでやばい

ここ最近美容で気を使っていることは、キレイな姿勢でいる事です。
姿勢を良くするとダイエットや肩こりなどたくさんの効果があるという話はよく聞きます。

それから、疲れにくくもなるんだそうです。
私の場合姿勢はとても悪いです。
しかし、自分の中ではいい姿勢を取っていると思っているのでやばいですよね。

ふと鏡を見てみるとびっくりします。
そして鏡を見つつ姿勢を正してみても、前傾姿勢になっています。
何故なのでしょう?そもそもいい姿勢っていうのがどういうものなのかよく分かりません。

姿勢が良くないからなのか食生活がいけないのか分かりませんが、腰痛もひどいし、お腹は出るし、すぐ疲れるしほんの少し歩くだけでバテバテなのです。
お腹については気づいたら出ていたのですけどね。
けど、こんなわたしですがしょっちゅう鏡を見てみて姿勢を正しくしています。

柱に体をくっつけて体勢を見てみたりなど。
とりあえずさっきも書いた通りいい姿勢っていうのがどんなものなのかも分からない状態なので、現在までの姿勢の習慣を治したいと思います。
なにかいい効果が出てきたらまた書きたいと思っています。

とにかく毎日エクササイズをする事です。
ありきたりのことですが、まず汗をかかないと細胞も若返りにくくなりますし、そもそも一日中パソコンと睨めっこしているとより一層運動量が減ってしまうので、ブレイクタイムには外に歩きに行っています。

またその行為が苦にならないようにお気に入りのミュージックとともに歩き回っています。
最近だとiPhoneに音楽を落として千円前後のイヤフォン買って聴いてます。

加えてストレスフリーの状態でいられるように仕事関係でも気を配っているんですが、出来るだけ滞りなく働けるように創意工夫をしています。
私自身フリーランスで家でビジネスをしている状況なのですが極力仕事ツールにはなるべく拘りを持つようにしています。

こうして字を打っているのも選びに選んだタイピングキーボードを利用していたりと日常的に良く利用するようなもので仕事をやりやすくするのもイライラしないのでお肌が少し綺麗になったような気がしますし、不満を抱えこまないで済むようになりました。

わたしが美容関係でもっとも注意している点をここに記します。
ワタシは四十代半ばの専業主婦ですが、40歳になると同時に肌荒れやドライスキンに非常に頭を痛めたことがありました。
なんで三十代と四十代でこれ程スキンコンディションがかわるのかと気になりました。

それで辿り着いたのがコレです。
腸活と言う言葉を皆さんも耳にしたことがあるでしょうが、ワタシも以前より腸活に注目していました。
要は「快便の維持」に役立つんだろうと単純に思い込んでいたのですが、自分がやっている腸内環境の改善はこれまで自分が抱いていたイメージとは異なっていました。

腸を温めて健康維持をはかるというものだったのです。
腸が冷えた状態だと便通もわるくなるし、体を守る力が低下し体調を崩しやすくなるし、皮膚もとても汚くなると言うことでした。
内臓をあたためて体質改善をしてこそ、しっかりとした育腸となるらしいです。

自分が育腸で実践しているのは冷たいものを一切断つと言う事と、内臓をあたためるために腹巻パンツを履くという事です。
先ずはドリンク系は冷たいもの以外にする、暑い時期でも就寝時には腹巻をするという誰にでも出来る腸活ですが、開始してから三ヶ月後にはもう温腸活に成功して、快便になってきたし、肌トラブルからも解放されました。
シンプルな腸活なんですが、すごく効果があります。

温暖な春は四季のうちで最も肌荒れが起きる季節です。
だから、クリームをつけても直ぐに肌がパサついてきてしまいます。
とくに4月は花粉症が辛くなるときなのだそうですが、やはりお肌のトラブルもよく起こるように思います。

わたくしは年中何かしら肌荒れを起こしているためか、どんな季節も肌ケアに気をつけているような気がします。
雨季の時期も、真夏も秋も、また冬の間も何らかの肌が荒れないように注意しています。
重点的にやっているのがお肌の乾燥を防ぐことです。
蒸し暑くて肌がベタベタする時でも、肌を乾燥させないようにしています。

それでも紫外線対策の方が重大なので、暑いとお肌の保湿までは気が回らないのかもしれません。
年がら年中何らかのお肌が荒れないようにしているけれど、状態を悪くさせないためには、結局スキンケアが重要だと思います。
今はいつでも肌ケアに気を配っているので、肌荒れがずいぶんマシになりました。

今後はお肌自体を健康にしたいです。
その為には何と言っても生活習慣を整えることが重要になると思います。
とりわけ美肌に効果的な食事をとるようにしていきたいと思っています。

今の世の中に生きているからには、わたし達は何やかやと精神的に悩まされることが多いです。
そして、この心痛などがわたし達の精神のバランスを崩してしまいます。

精神にダメージを加えたマイナス要因は、内臓を含む身体全体に何らかの影響を与えてしまうのです。
食事が偏ったり、不眠になったり、胃腸を悪くしてしまったりします。

その結果、お肌にも悪い影響が出てしまい、肌荒れのもとになってしまいます。
そんなわたし達だけど、極力ストレスを減らし、無くして、お肌にとっても良い生活を送りたいと思っています。

仕事が済んだら、スポーツジムに行ったり、睡眠をとるようにしたり、偏りのない食事をとるように工夫したりして、ストレスを発散するような生活をしていれば、もしストレスを感じることがあったとしても、肌への悪影響も最低限で済むと思います。
ストレスフリーで過ごせるように、でも却ってそれがストレスになって、お肌に悪影響が出ないように努力していきたいと思います。

私から出ている体臭にも気をつけなくちゃいけないなと思った

わたし自身は腋臭持ちなのですが、いままでやってきた中でうまくあしらえるようになり、周囲も自分も臭くないようにしてきていると思います。
その前まで使っていたものより、腋臭を強い力で消臭するという消臭グッズを、娘から教えて貰いました。
よく言う体臭とは違い、ワキガというのは半端なニオイではありません。

年齢を重ねてきた事で、そんなにワキガ臭は感じなくなった様な気がします。
ですが油断していて、デオドラントアイテムで対応していない日に、やっぱり不快なニオイはしていたのです。
観光地に行った際には、前は外人の体臭に悩まされたものです。

そうはいっても、自分も腋臭なのでそうしたことはタブーなのですが、周りの人から臭うスゴイ腋臭のニオイはとても不愉快に思うのです。
そんな腋臭持ちのわたくしは、非常に効果的なアイテムを使い始めたわけですが、ロール式のもので最後の一滴まで使うのは難しいと感じています。
ボディソープなども詰め替える時に、残すことなく入れたいものです。

それと同じ様に、ロールオンタイプの物も、残さず使い切りたいのですがどのようにしたら使い切れるだろうと考えている所です。
人からの気になるニオイもイヤな感じがしますが、私から出ている体臭にも気をつけなくちゃいけないなと思ったのです。

夏場は何よりも身体から出る匂いに困っています。
子供のころから汗っかきでちょっとしたことでも汗をかく体質なせいで、ブラウスは汗で濡れてしまうし脇下の汗もしみて色が変わったりして苦労してきました。

なかでもヤバいのが脇汗とその臭いです。
洋服を買うときはその服が着られるかどうかではなく、ワキの汗が染みても色が変わりにくいかどうかで選ぶしかありません。
薄い色合いの物だとすごくシミが目立っちゃうので、なかなか着る気になれません。

それと着っぱなしだと臭いのも変わらないし、結局のところ服の交換を余儀なくされます。
家を出る時はだいたい替えの服を持って出ます。
そうじゃないと徐々にびっしょりと濡れて蒸れた状態になってしまうからです。
ムンムンとした脇からは独特な臭いがしてきてどうにもならないのです。

以前居酒屋に行った時に1回だけだけど「何かクサいと思わない?」と言う人がいて「ヤバい!」と思った事がありました。
間違いなく私の臭いだし、酔っ払っていて脇の臭いの事を忘れるという大失態でした。
あまり体臭が強くない人ってこんなに悩んでないでしょうね。

汗の悩みは昔から頭を抱えていて発汗量は個人的には大変多いと思っています。
仕事の関係でリサイタルでドレスになることがありますが、脇とかうなじに汗をかくのでドレスに汗のシミが出来てしまう事があるので頭を抱えていたのです。
汗染みをごまかせるような布地を選ぶようにしたりインナーにキャミソールを着たりして少しでも汗が染みない方法を試みたのですけど、汗の量が半端ないため対応が追いつかない状態でした。

ですから、スーパーに行って、化粧品のメーカーから出ているすり込むだけで汗を抑制してくれる薬を購入してみました。
完全に発汗しなくなるという事ではないですけど、いつも発汗量の多い私の場合は確実に減ったし、衣裳につく汗のしみも完全に減りました。
ステージに上がる時とかプレッシャーのかかるお仕事をする時などストレスを感じた時に出る異色の汗は、暑い時と違い自分自身で止めたりすることが出来ないのでそうした時にこの商品があるのはとても助かっています。

気温が高くなると弱ってしまうのが汗のニオイ。
朝の地下鉄はすし詰め状態です。
幸運にも始発駅の近くに住んでいるのでいつも座っているのだけれど、前に来た人が吊革を持って立っていると脇臭が漂ってくるのです。

仕事着が背広のビジネスマンが不憫でなりません。
スーツの中は汗まみれになってエライことになっているにきまっている。
あらゆる会社でもっと「クールビズ」を推し進めて、気温が高い時期のあの重ね着をなくしてあげるべきではないでしょうか。

女性にしても体臭ケアとして、デオドラント剤でお手入れしているのだろうけど、その香りと汗の匂いが混じり、なんとも言えない臭いに。
そうは言っても社内でワキ下の汗を処理するのは不可能だから、臭いは放出されっぱなし。
それとなく左手を鼻の辺りにそえてその人の臭いを阻止しているのですが、強烈な臭いだとそれも無駄です。

暑いシーズンのラッシュアワーはともかく不快になりやすい。
と言いながら「案外、他人事じゃなかったりして!」などと思い始めると、ゾッとしてしまいます。