普段からハッピーでいる事が美容面で大切なこと

第一に、猫背にならないようにしています。
外出時には腹筋を意識しながら歩き回る事で体幹をきたえています。

二つ目は、「咀嚼」。
「よく噛んで食べる」事の大切さは挙げたらキリがありません。
食物の大切さも実感できます。

三つ目は、自身の身体に素直に向き合う。
カラダが「気持ちいい」と感じるケアをします。
お風呂にじっくり入ったり、体を揉みほぐしたりね。
自分の体に耳を傾けるのです。

摂取したい食品を何時であろうが好きなだけ摂取する。
満腹を超えるほど食べることはからだが「気持ち悪い」と感じるしスタイルに影響するし良いことがない。

好きなときに体を動かす。
疲れているのに美容体操なんかしたらからだは更に参ってしまいそのうち面倒臭くなってしまいます。
身体が求めている時にするストレッチなどの満足度はかなり高いです。

それから、家の片付けやおそうじ。
実は美容面でも関わりがあることで、ステキな女子は部屋も清潔にしています。

ちゃんとお手入れされている家の中は安らぎをもたらします。
精神的に落ち着いているとそれがにじみ出るので明るいイメージになります。
普段からハッピーでいる事が美容面で大切だと思うのです。

年齢を重ねてくると肌が乾燥してきたりモチモチ感も無くなり「たるみ」などが目立ってきます。
これは素肌だけではなく頭髪にも言えることです。

20代のころは本当に健康的だった毛髪が、いつの間にか太さを失い今までのヘアースタイルが似合わなくなる事があります。
頭髪がぱさついてくると老けて観られる場合もあるため、自分自身では見る事が出来ないうしろ姿はとくに注意しています。
毛髪の伸びるスピードも、以前よりも落ちてきていて美容院にいく間隔が開き始めたりします。

とは言え傷みはすすむため、揃える程度でもカットしてセットし直すと見た感じ非常にキレイになって若々しくみえます。
毛染めをやり続けているとやっぱり痛みやすく、毛の先っぽの潤い感がなくなるとヘアスタイルに影響してしまい、一つにくくっても美しくなりません。
お肌のケアも大事ですが髪のお手入れもした方がいいですよ。

水分不足の毛髪の末端はトリートメント剤等で保湿してあげ、ボリュームダウンしたかみの毛は自身に適したシャンプー剤を用いる事も効果的です。
頭の毛はブラシを入れることでツヤツヤしてくるので、髪の毛のケアは年齢をかさねた人ほど習慣的に丁寧にやっていきたい事ですね。

美しくなるために気を付けている事は心労を抱え込まないということ。
ストレートに美容的な事かと言えば人それぞれですが、わたしはというとストレスが溜まるとニキビが出てきたり、どういうわけかもりもり食べたりしちゃうので「ストレス」は美容トラブルの元なのです。

雰囲気的にも、「ストレス」を抱えていないと若々しくなるので他人に与える印象も違ってくると思います。
その為には内的ストレスのなくし方が大事ですね。

あたしは鬱憤がたまってきたらやりたい事に没頭して鬱憤を晴らしています。
それ程熱中出来ることなんかないって方でも、やってみたいなぁと思っていたことを実行に移すだけでも少しはリフレッシュ出来ると考えられます。

そつなく心を楽にする対処法を身につける事でそれが最終的に美容に良いと考えています。
ともあれ心労は見た目にも出やすいので心配りが必要なのです。

年を取っても健康的なご婦人は、やはり何かその源となるようなことを実施している人がけっこういるので、そのような角度で見ても内面を磨くということは肝心なんだと思います。

美容になる事でやってみたいことはいっぱいありますが、私はとりわけ生活のスタイルを一番に気を付けています。
「美容に関しては、眠ることと体を動かす事が大事」というのは分かっていますが、仕事や家事が忙しくてそこまでやっていられない!なんて思いますよね。

でも、頑張れば出来る事だってたくさんあります。
例を挙げれば、メイクに費やす時間があるのなら、少しでも長く眠る。
ファッションサイトなんか見ていないで、歩いて出かける。
遅い時間になると濃い味の物が食べたいと思うので、仕事の帰りに体にいい物を食べて夜ごはんにするなど。

それぞれはちょっと頑張れば出来ますし、「そんな事くらいで効果が出るの?」なんて思いますが、日々の頑張りは軽視できません。
私も初めは半信半疑で生活習慣を改善してみたのですが、少しでも長く寝るとお肌の調子が良い感じでメイクが薄くできる、少しでも運動をしたら体力もついてお肌に疲れが現れなくなる、ってな感じにめぐりが良くなりお肌的にも体的にも健康的になれたのです。
地味な事だけど、毎日コツコツが重要なのです。

20代にスキンケアを疎かにした結果、40代になって後悔

私のお肌の一番の悩みは最近頬の周りに増えてきたしみやソバカス、それに黒ずみです。
年も40歳を超えたら一段と気になるようになりました。

20代の頃は洗顔のやり方、メイク、お手入れなどあまり気になりませんでした。
メイクを落とさず寝てしまうこともありました。
こんなことを長い間続けてきたため、シミの黒ずみが気になって顔を見るのが嫌です。

朝晩、洗顔の後に化粧水、クリーム、美容液ときちんと塗るようにしています。
朝はいつもUVカットクリームをぬっています。
日々のスキンケア、洗顔とクリームと美容液もちろん必ず毎日しています。

一週間に二回、パックもしています。
少し前からは、身体の内側からが肝心という事も聞いたのでプラセンタを摂取することにしました。

そして適当な息抜きと入浴することです。
近所にあるスーパー銭湯に行きのんびりおフロにつかり血の巡りを良くして、老廃物を出すことです。
自宅の場合も湯ぶねにつかりお顔のマッサージをします。

もう40歳過ぎなので、毎日のお手入れは必要だとしみじみと感じました。
最近は毎日必ずやっています。
女の人の悩みに多いシミやそばかす、くすみだと思われますが、毎日のスキンケアと日焼け止めを塗り、小まめに塗り直しをすることが大事です。
隠すのでなく食い止めることが大事です。

自分が美容の事に関して気を配っていること、といえば、美しい姿勢を保つことです。
姿勢を正すと美容にもいいの?なんて考えられないような組みあわせの様に思われますが、少し前に、ウォーキングの指導員さんのお話を聞き、「正しい姿勢じゃないと年を取っているように見える。」という話をされました。

その先生が、良い姿勢と悪い姿勢で歩いてみてくれたのですが、それだけの違いで、10~20位の違いが出てる!というような感じでした。
それと、「綺麗な姿勢でいないと、おでこや首まわりにシワが寄る」と言われていました。
顏や首筋も、体の一部なので、バランスが狂ってしまいどこかがつっぱったり、たるんだりすると、シワを引き起こしてしまうそうです。

そのことを聞き良い姿勢を保つように気をつけていたところ、前から気になっていたおでこのシワが薄くなってきたのです。
その後からは、気がつくたびに背筋を伸ばして、正しい姿勢でいるようにしています。

若かった頃は何てことなかった寝不足が、四十歳近くなってもの凄く美容に良くないと思うようになったのです。
先週3時間しか眠れない日があり、起きた時の顔は悲惨でした。
まずは、目に下にクマができとても疲れていますという感じになっていたのです。

それからもちもちお肌とはほど遠く化粧のノリも酷かったです。
それ以来どんな場合でも就寝時間は絶対に0時を超えないようにしています。
そうする事で最低6時間は寝られるので、くまはできないのです。

さらに、近ごろは眠りの質にもこだわっているのです。
同じ時間眠ることが出来てもぐっすり眠れた日は、寝起きに違いが出てくるのです。

その為、毎日軽く運動することとぬるめのお湯にゆっくりとつかる事、夜遅くに物を食べないようにする事を気遣っています。
程よく疲れ寝付きが良くなりしっかり眠ることが出来るので、次の日のメイクののりや肌の感じはとてもいいです。
美しいお肌の為にも眠る時間を確保するように頑張りたいと思います。

身体が老化すると見た目が悪くなっていく。
この事は、常識になっている話です。
ですから自分も真似てみる事にしたのです。

お肌の曲がり角という歳はとうに超えていますが、ちょっとでもその状態を維持したいと思ったからです。
そこで、まず最初に調味料の砂糖はやめました。
本みりんや甘味料を駆使して何とかしています。

これで食事に関しては何とかなるのですが、困るのは間食のおやつです。
頭の疲れを癒すのは甘い物という思い込みがあるので、減らす事は難しいです。
仕事が終わった後の甘いクッキーってなんであんなにおいしいのでしょう?だけど、女性は見た目が勝負。

そこで理性が働き「肌が老けるのが怖くないの?」とつぶやくので、辛うじて節制できています。
頑張り過ぎて自分を過大評価しているのは否定しませんが、脱シュガー生活を続けて早一年。
前ほど砂糖に憑りつかれた毎日ではないです。

そして、私の場合は肌よりも髪質がとてもいい感じに。
鏡の前でツヤの出てきた髪を見ていると、「努力の結果」と思えます。

自分の中ではいい姿勢を取っていると思っているのでやばい

ここ最近美容で気を使っていることは、キレイな姿勢でいる事です。
姿勢を良くするとダイエットや肩こりなどたくさんの効果があるという話はよく聞きます。

それから、疲れにくくもなるんだそうです。
私の場合姿勢はとても悪いです。
しかし、自分の中ではいい姿勢を取っていると思っているのでやばいですよね。

ふと鏡を見てみるとびっくりします。
そして鏡を見つつ姿勢を正してみても、前傾姿勢になっています。
何故なのでしょう?そもそもいい姿勢っていうのがどういうものなのかよく分かりません。

姿勢が良くないからなのか食生活がいけないのか分かりませんが、腰痛もひどいし、お腹は出るし、すぐ疲れるしほんの少し歩くだけでバテバテなのです。
お腹については気づいたら出ていたのですけどね。
けど、こんなわたしですがしょっちゅう鏡を見てみて姿勢を正しくしています。

柱に体をくっつけて体勢を見てみたりなど。
とりあえずさっきも書いた通りいい姿勢っていうのがどんなものなのかも分からない状態なので、現在までの姿勢の習慣を治したいと思います。
なにかいい効果が出てきたらまた書きたいと思っています。

とにかく毎日エクササイズをする事です。
ありきたりのことですが、まず汗をかかないと細胞も若返りにくくなりますし、そもそも一日中パソコンと睨めっこしているとより一層運動量が減ってしまうので、ブレイクタイムには外に歩きに行っています。

またその行為が苦にならないようにお気に入りのミュージックとともに歩き回っています。
最近だとiPhoneに音楽を落として千円前後のイヤフォン買って聴いてます。

加えてストレスフリーの状態でいられるように仕事関係でも気を配っているんですが、出来るだけ滞りなく働けるように創意工夫をしています。
私自身フリーランスで家でビジネスをしている状況なのですが極力仕事ツールにはなるべく拘りを持つようにしています。

こうして字を打っているのも選びに選んだタイピングキーボードを利用していたりと日常的に良く利用するようなもので仕事をやりやすくするのもイライラしないのでお肌が少し綺麗になったような気がしますし、不満を抱えこまないで済むようになりました。

わたしが美容関係でもっとも注意している点をここに記します。
ワタシは四十代半ばの専業主婦ですが、40歳になると同時に肌荒れやドライスキンに非常に頭を痛めたことがありました。
なんで三十代と四十代でこれ程スキンコンディションがかわるのかと気になりました。

それで辿り着いたのがコレです。
腸活と言う言葉を皆さんも耳にしたことがあるでしょうが、ワタシも以前より腸活に注目していました。
要は「快便の維持」に役立つんだろうと単純に思い込んでいたのですが、自分がやっている腸内環境の改善はこれまで自分が抱いていたイメージとは異なっていました。

腸を温めて健康維持をはかるというものだったのです。
腸が冷えた状態だと便通もわるくなるし、体を守る力が低下し体調を崩しやすくなるし、皮膚もとても汚くなると言うことでした。
内臓をあたためて体質改善をしてこそ、しっかりとした育腸となるらしいです。

自分が育腸で実践しているのは冷たいものを一切断つと言う事と、内臓をあたためるために腹巻パンツを履くという事です。
先ずはドリンク系は冷たいもの以外にする、暑い時期でも就寝時には腹巻をするという誰にでも出来る腸活ですが、開始してから三ヶ月後にはもう温腸活に成功して、快便になってきたし、肌トラブルからも解放されました。
シンプルな腸活なんですが、すごく効果があります。

温暖な春は四季のうちで最も肌荒れが起きる季節です。
だから、クリームをつけても直ぐに肌がパサついてきてしまいます。
とくに4月は花粉症が辛くなるときなのだそうですが、やはりお肌のトラブルもよく起こるように思います。

わたくしは年中何かしら肌荒れを起こしているためか、どんな季節も肌ケアに気をつけているような気がします。
雨季の時期も、真夏も秋も、また冬の間も何らかの肌が荒れないように注意しています。
重点的にやっているのがお肌の乾燥を防ぐことです。
蒸し暑くて肌がベタベタする時でも、肌を乾燥させないようにしています。

それでも紫外線対策の方が重大なので、暑いとお肌の保湿までは気が回らないのかもしれません。
年がら年中何らかのお肌が荒れないようにしているけれど、状態を悪くさせないためには、結局スキンケアが重要だと思います。
今はいつでも肌ケアに気を配っているので、肌荒れがずいぶんマシになりました。

今後はお肌自体を健康にしたいです。
その為には何と言っても生活習慣を整えることが重要になると思います。
とりわけ美肌に効果的な食事をとるようにしていきたいと思っています。

今の世の中に生きているからには、わたし達は何やかやと精神的に悩まされることが多いです。
そして、この心痛などがわたし達の精神のバランスを崩してしまいます。

精神にダメージを加えたマイナス要因は、内臓を含む身体全体に何らかの影響を与えてしまうのです。
食事が偏ったり、不眠になったり、胃腸を悪くしてしまったりします。

その結果、お肌にも悪い影響が出てしまい、肌荒れのもとになってしまいます。
そんなわたし達だけど、極力ストレスを減らし、無くして、お肌にとっても良い生活を送りたいと思っています。

仕事が済んだら、スポーツジムに行ったり、睡眠をとるようにしたり、偏りのない食事をとるように工夫したりして、ストレスを発散するような生活をしていれば、もしストレスを感じることがあったとしても、肌への悪影響も最低限で済むと思います。
ストレスフリーで過ごせるように、でも却ってそれがストレスになって、お肌に悪影響が出ないように努力していきたいと思います。

参考:チークポアパッチお試し通販!頬の毛穴専用の刺す化粧品が30日分
URL:https://www.todoepilepsia.com/

私から出ている体臭にも気をつけなくちゃいけないなと思った

わたし自身は腋臭持ちなのですが、いままでやってきた中でうまくあしらえるようになり、周囲も自分も臭くないようにしてきていると思います。
その前まで使っていたものより、腋臭を強い力で消臭するという消臭グッズを、娘から教えて貰いました。
よく言う体臭とは違い、ワキガというのは半端なニオイではありません。

年齢を重ねてきた事で、そんなにワキガ臭は感じなくなった様な気がします。
ですが油断していて、デオドラントアイテムで対応していない日に、やっぱり不快なニオイはしていたのです。
観光地に行った際には、前は外人の体臭に悩まされたものです。

そうはいっても、自分も腋臭なのでそうしたことはタブーなのですが、周りの人から臭うスゴイ腋臭のニオイはとても不愉快に思うのです。
そんな腋臭持ちのわたくしは、非常に効果的なアイテムを使い始めたわけですが、ロール式のもので最後の一滴まで使うのは難しいと感じています。
ボディソープなども詰め替える時に、残すことなく入れたいものです。

それと同じ様に、ロールオンタイプの物も、残さず使い切りたいのですがどのようにしたら使い切れるだろうと考えている所です。
人からの気になるニオイもイヤな感じがしますが、私から出ている体臭にも気をつけなくちゃいけないなと思ったのです。

夏場は何よりも身体から出る匂いに困っています。
子供のころから汗っかきでちょっとしたことでも汗をかく体質なせいで、ブラウスは汗で濡れてしまうし脇下の汗もしみて色が変わったりして苦労してきました。

なかでもヤバいのが脇汗とその臭いです。
洋服を買うときはその服が着られるかどうかではなく、ワキの汗が染みても色が変わりにくいかどうかで選ぶしかありません。
薄い色合いの物だとすごくシミが目立っちゃうので、なかなか着る気になれません。

それと着っぱなしだと臭いのも変わらないし、結局のところ服の交換を余儀なくされます。
家を出る時はだいたい替えの服を持って出ます。
そうじゃないと徐々にびっしょりと濡れて蒸れた状態になってしまうからです。
ムンムンとした脇からは独特な臭いがしてきてどうにもならないのです。

以前居酒屋に行った時に1回だけだけど「何かクサいと思わない?」と言う人がいて「ヤバい!」と思った事がありました。
間違いなく私の臭いだし、酔っ払っていて脇の臭いの事を忘れるという大失態でした。
あまり体臭が強くない人ってこんなに悩んでないでしょうね。

汗の悩みは昔から頭を抱えていて発汗量は個人的には大変多いと思っています。
仕事の関係でリサイタルでドレスになることがありますが、脇とかうなじに汗をかくのでドレスに汗のシミが出来てしまう事があるので頭を抱えていたのです。
汗染みをごまかせるような布地を選ぶようにしたりインナーにキャミソールを着たりして少しでも汗が染みない方法を試みたのですけど、汗の量が半端ないため対応が追いつかない状態でした。

ですから、スーパーに行って、化粧品のメーカーから出ているすり込むだけで汗を抑制してくれる薬を購入してみました。
完全に発汗しなくなるという事ではないですけど、いつも発汗量の多い私の場合は確実に減ったし、衣裳につく汗のしみも完全に減りました。
ステージに上がる時とかプレッシャーのかかるお仕事をする時などストレスを感じた時に出る異色の汗は、暑い時と違い自分自身で止めたりすることが出来ないのでそうした時にこの商品があるのはとても助かっています。

気温が高くなると弱ってしまうのが汗のニオイ。
朝の地下鉄はすし詰め状態です。
幸運にも始発駅の近くに住んでいるのでいつも座っているのだけれど、前に来た人が吊革を持って立っていると脇臭が漂ってくるのです。

仕事着が背広のビジネスマンが不憫でなりません。
スーツの中は汗まみれになってエライことになっているにきまっている。
あらゆる会社でもっと「クールビズ」を推し進めて、気温が高い時期のあの重ね着をなくしてあげるべきではないでしょうか。

女性にしても体臭ケアとして、デオドラント剤でお手入れしているのだろうけど、その香りと汗の匂いが混じり、なんとも言えない臭いに。
そうは言っても社内でワキ下の汗を処理するのは不可能だから、臭いは放出されっぱなし。
それとなく左手を鼻の辺りにそえてその人の臭いを阻止しているのですが、強烈な臭いだとそれも無駄です。

暑いシーズンのラッシュアワーはともかく不快になりやすい。
と言いながら「案外、他人事じゃなかったりして!」などと思い始めると、ゾッとしてしまいます。

冬場であれば掌に汗をかく事がないから字も書きやすい

私は掌にかく汗の量が半端ないので、文字をかくときは特に大変です。
夏の時期に勉強をするような場合に、ペンを握っていっぱい書き物をする際にはかならず手汗を握る為、ペンが滑り落ちるので書きにくくなってしまいます。
対策として、お勉強をするときは何度も手のひらを洗ったり、保冷剤を持って手を冷やしてみたり、ハンカチを握りながら勉強するのですけど、どの方法も全然効果がありません。

集中して勉強に励もうと思ってもえんぴつが滑ってしまい文字が書けないとか、手の汗が落ちて文字が滲むとやりたくてもできないので参っているのです。
冬場であれば掌に汗をかく事が無い為字も書きやすいのです。
今現在は授乳の際に汗がびっしょりで、子供の肌着に汗がついてしまうので大変です。

汗は止めたいと思っても止まらないものなんです。
だけど、手にかく汗の為にクーラーで対処するのもイヤだと思っています。
みんなどんなものなのかななんて考えますが、さしあたって何とかして手にかいた汗が止まるようにもがくしかなさそうです。

私達は毎日お風呂に入って汗や汚れを流して清潔にしていても、ヒトは汗が出ますね。
とくに夏の間はたくさんの汗をかきますので、一日に何度かシャワーで汗を流す事もあると思います。
そして、秋や冬の時期は汗をかく割合は減りますが、そうは言っても少しは汗が出ますよね。
人間が汗をかくという事は、生きるためには必要であって、仕方がないことです。

けれども、汗をかいて嫌なにおいがすると、本当に嫌になりますよね。
なので、汗のニオイを防ぐためには、毎晩お風呂に入って体をきれいにしている事が重要です。
それでも私たちは身体を動かしたり、会社に行ったり、学校に行ったりして毎日汗をかきますので、その都度タオルや制汗シートなどで汗を拭うようにしましょう。

汗をふきとらずにそのままにしていると体臭を強くしてしまうこともありますからね。
脇のニオイの予防としては、入浴のときに力を入れず丁寧にワキの下を洗いましょう。
脇の下は熱気がこもりやすい所なので、汗を拭っておくことがポイントです。

心配な体臭を予防する為、汗の臭いを防ぐため、脇の下のにおいを抑える為にするべきことは、できる範囲で身体を清潔に保って臭いのもとである菌の繁殖を食い止めることです。

自分自身は汗かきな体質です。
誰かと手を繋げば、手の平から汗が滲んでしまうのです。
顔の場合は、メイクが流れてしまうくらい。
ファンデをウォータープルーフにしても止められないほど。

最も、気掛かりなことがワキ汗のしみ。
とりあえず、脇汗用シートを使っていますが、午後まで持たないです。

灰色は却下。
大抵の場合色物は、脇の汗が目立ちます。
黒だったら大丈夫。
白も良いと思います。

しかし、汗のせいでファッションに制限がかかるのは本当に不便極まりありません。
「着た時に、みっともない」と思ってしまうと、着るのに躊躇してしまいます。

楽しめるファッションじゃなく、汗の染みを目立たせないコーディネートが暑い夏を乗り切る攻略法です。
最近は、気心知れた仲間たちとのお出かけの際には着替えられるように持っていきます。

そうまでしても脇のあせが際立つ事を完全には断ち切れない私。
ああ~、冬ならもっとファッション楽しめるのに。
誰よりも夏はキライです。

週一で、ジムに通っているが、たまに当たってしまうのがババロッカーです。
受付の人から鍵をもらいロッカーの扉を開けた瞬間加齢臭が鼻を突くことがある。
トレーニング前にやる気がなくなることもある。

年配の方が多いジムなのでしょうがないとは思うが、「担当の方、クリーニングの際ににおい消しのスプレーを吹きかけてちょうだい!」、と思うことがある。
自分はどうなんだ?なんて言われないように常時気配りしています。

さすがにミドル脂臭には気を付けているが、問題の場所は耳の裏辺りから首だと思う。
使っているピローを調べれば良く分かると思う。
お風呂では耳の裏側から首にかけてはしっかりと洗うようにしている。

寒い季節はそんなに気にならないが徐々に暑くなってくると気を使わないといけない。
ジムではウエイトトレーニングをする為、スタッフさんに手伝ってもらう事があるのでスタッフさんに不快な気分を与えないようにトレーニングの前にシャワーで流す事にしている。

これもマナーじゃないかな?
何をしていても気を揉むご時世になりましたよね。

身体の匂いで困るのは中年男性だけだと思っていたけど…

35歳の男です。
30歳になるまでは体のニオイが気になった事はありませんでした。
正直言うと体臭とは無縁だと思っていました。
身体の匂いで困るのは中年男性だけという認識でした。

しかし僕も30代になると「体臭」に変化が出てきました。
起き抜けに腐った油みたいな臭いが出ている事をうちの嫁さんから告げられたのです。
その臭さは枕にもついてしまい、とても不快な臭いだと叱られてしまいました。

「食生活」も今まで通りで、一つだけ確実に変わったのは飲酒量が前よりも多いことです。
その為少し体型も変わり、お腹回りに肉が付きました。
その時期からが体のニオイの変化期にあたります。

それが3、4年前の話です。
身体の匂いに悩みはじめ焦ってネットショップで体臭に効果があるボディソープを探しまくって買い求めました。
使用してみて、嫁さんに前より臭わなくなったかもと言われて安心しました。
皆さんも30歳を超えたら体臭ケアができる石けんで洗って、嫌な匂いをシャットアウトしましょう。

いつもお風呂に入っても、仕事に行くために外に行くことで家に帰ってくる頃には体臭を感じたりします。
臭うところはお鼻の近くや顔の一部なのですけど、体臭が大変気になります。
顔汗をかいた事で、脂が酸化したみたいな臭いがするのです。
シャワーを浴びる際に脂が酸化したようなニオイがするため、とても不快に感じます。

わたくしは顔汗をかく方ではないため、皮脂の酸化臭なんてないだろうと思っていたのに感じる事があります。
年齢臭だとは認めたくありませんが、この臭いは年を取ったこととも関係しているかもしれません。

それから別の臭いとして、お風呂に入った時に身体を洗おうと思う時に臭う頭の臭いも嫌いです。
毎日入浴したときに天然毛のブラッシングケアもここ最近ではしています。

しかし24時間を過ごし、その後入浴をする際に前日同様ニオイを感じる為、とてもイヤだと思うのです。
このニオイも年齢と関わっているかもしれないのですが、なるたけニオイを消す努力をしたいと思っています。

私自身はあまり香水などといった香りをつけない人なのですけど、最近は香り付きのミスト美容液を使うこともあります。
お天気のいい日はすごい汗をかくので多汗症女子は恥ずかしい思いをするのです。
夏場のデートは、だいたい室内デートになるので、いいお天気なのに残念だななんて思っています。

もっとも恥ずかしい思いをして辛かった記憶のデートは気になる彼とお台場のデートでした。
夢大陸が開催されていたのでアトラクションやアイスクリームを食べたりしましたが、アトラクションなどを見る為に行列に炎天下の中に並んでると背中に大量の汗をかき、見えない所だけど汗が滴るのを感じてました。
背中の空いたワンピースを着ていましたが、背中を彼に向けないようにしました。

けれども、最終的には「背中の汗凄いよ」なんて言われちゃって、顔を見せられないくらい恥ずかしかったことがあるのです。
その後は落ち込んでしまい、デートなんて気分ではなくなりました。

その日以降、天気のいい日のデートで外には行かなくなりました。
わたしの汗を見て、気まずい表情をしていた彼の顔が頭をよぎります。

この4月から営業マンとして働き始めました。
暑い時期なんかは汗だらけになるような営業職ですから、身体の匂いがどうしても気に掛かります。
自分自身でも汗をかくと匂いがしてくるので、「周りはかなり臭く思っているんじゃないか」とか、「ひょっとしたらわきが症かも・・・」とか色々と心配してしまいます。

デオドラント系の物もたくさん買い集めて使用しています。
そこまでしていても、乗り物など混雑しているような所にいくと、なんとなく周りに申し訳ないと思ってしまいます。
その状況でハンカチで口元を覆ったりされると、私が臭いという合図なのかも?と考えてしまい、顔が赤くなってしまいます。

営業も外回りだと、お客さんの自宅に上がって商談という事もあって、靴から足を出す瞬間はホントに辛い思いをします。
まずくつ下を新しいのに替えるのですが、履き替えている時点で臭いがキツイような気がしますし、靴自体もニオイがします。

「靴のなかに10円玉を投入しておくと雑菌が分解されて消臭される」というような事を雑誌で知ったので試したのですが、消臭できませんでした。

挙句の果てには焦りからかワキ下も汗まみれになり、白い目で見られてしまいます。
梅雨時なんてどうやっても靴に雨が浸みてしまいますし、それで蒸れた状態になり余計に臭うし営業マンとしては失格だなと悩んでいます。
正直腋臭症だとしたら手術をしてしまいたいです。

一番困っているのは足の汗です。
元々よく汗をかく方なので、気にはしているのですが、最も気になっているのは足の汗です。
夏は置いといて寒い季節に出る汗の量がすごいです。

わたくしは北海道で暮らしていますが、冬場は気温がかなり低いので防寒のできる靴を履いている為余計に汗がかきやすい環境にいます。
長靴を履いた場合靴の中で熱気が籠り蒸しっとした状態になり、靴自体が湿気を帯びるのです。
そうなると靴はすこしづつ冷たくなりだんだんと足が冷えてきます。

結果かいた汗のせいで指先が冷たくなってしまうのです。
発汗してクツが濡れるだけならまだ許せるのですが、汗が出ればニオイが出てきます。
靴を履いていれば大丈夫なんですが、脱がないといけない時がありまして、そんな場面では汗がいちばん気がかりです。

汗で靴下は湿るし、臭っている気がするし、悲惨な状態なのです。
なるたけ冬の季節はクツを履いたままでいるようにしています。

それに対して夏の時期はサンダルとか通気性が高い靴を履くことが出来るので足の汗を心配するようなことはありません。
足汗を止める方法など携帯で探したりして勉強はしているのですが、自分自身に合う改善方法に出会っていません。

そんなに酷くにおうとういことはありませんが、夏のあいだは脇のニオイに毎日のように悩まされています。
暑い時期以外の汗が出ない季節は、そんなに気にすることもないのですが、夏の間の汗が出る季節になると毎年脇のにおいが心配になってしまうのです。

当然夏場にわきのニオイのケアをしてないということではありません。
ロールオンのデオドラント等をよく利用しますし、汗をかけばできるだけ汗をハンカチ等でぬぐうということも習慣にしています。

これでも完全にニオイが無くなるかと言うと、どうもそんなことはないみたいです。
言うまでもなく人に不快感を与えないということが最低限のエチケットなので、それだけはならないようにしているつもりですが、自分自身でもワキの臭いが僅かでも感じるときは気になって気になって仕方がないのです。

そのため、必要以上にわきの臭いを気にすることによって、人と関わることを避ける傾向があるのかもしれません。
神経症というほどではないのですが、こんなに気になってしまうならやはり手術をするという完治の方法も考えざるを得ないのかもしれません。

参考:メンズデオ8400お試し通販!男性用の体臭サプリが初回990円
URL:https://www.isarion.com/

汗のニオイって個人差があるから自分では気づきにくい

汗の悩みって、じめっとしているだけではなく、ニオイの問題もあります。
特に男性の汗って、夏の時期に臭うものです。
運動部の学生の更衣室などにありがちな、汗臭というものは不快に感じるものです。

時間が経った後の汗臭って、分泌物が発酵するため、大変クサくなります。
ニオイって他人に不快感を与え、嫌悪されてしまうのです。
でも汗のニオイって個人個人で差がある為、自分では気づきにくいものです。

気付くことなく汗臭のせいで避けられてしまうなんてことも悩みのひとつだと思います。
なので、汗に関する悩みを解決する為に、ニオイをどう対策するかというのは大事な問題だと思います。
制汗剤、汗ふきタオルなど、様々な商品があると思います。

しかし、自分にふさわしいものを使わないと逆効果になることもあることもあります。
自己満足の対策だと、汗の悩みも臭いの悩みも解決できません。
周囲の人の客観的な意見も聞いて、汗・汗臭対策をしましょう。

丸一日履いたパンプス、飲み会などで座敷の部屋に通されるとじめっとした足の臭い、気になる女の人はどのくらいいますか。
わたしは足汗の量が酷く、靴を履いて少し歩いただけでもニオイがしてきます。
足に汗をかくと靴の中が蒸れてしまって、脱ぐのをためらいたくなります。

足の汗を止めることはできませんよね。
そこで自分は足の臭いを防ぐ対策をしています。
わたしが若い時代は制汗スプレーを足裏などにスプレーして臭いケアをしていました。

しかし近ごろは、足専用のデオドラントがたくさん出ています。
そのデオドラント剤、かなり効果があるんです。

とくに名の知れたものになると、終日においを気にしないでいられます。
朝に使って夜まで安心して過ごすことができますね。

これがあれば飲み会や友達の家に急に呼ばれたとしても、心配することなくパンプスもブーツも脱げますね。
キレイな女性はさり気ない所でも、そつなく対策をしているのです。
足もとのケアだけでなく、みなさんも目に付かない所に気付いて、女の魅力をさらに向上させていきたいですね。

気温の上昇とともにとっても気になるのは、足臭です。
大体スニーカーを履いています。
とうぜん靴下も着用しています。

汗が出てきて蒸れたりしないように、脱ぐ事ができるときは脱いで風を通すようにしていますが、まめにできるとは限らないのです。
そしたら、ずっとはきっぱなしになって足に汗をかくと「におうかもしれない」と不安になるのです。

足のニオイって、男も女も関係ありません。
以前いた会社では、気を失いそうなくらい酷い足のにおいを漂わせている人が何人かいたのです。
職場の入り口のドアを開けるのが嫌でたまりませんでした。

暑い季節は辛い思いをしながら働いていました。
人の足のにおいは辛抱するとして、自分自身が周りに「足が臭う人」と思われるのだけは嫌です。

ですので日頃から、入浴時に、足裏の消臭効果のある石鹸を使っています。
それだけで防ぎきれるものではないと思っている為、心配になってきます。
夏になってもどうにかして足のニオイを抑えて毎日を快適に過ごしたいですね。

私の職場に体臭がすごい男性がいます。
そう感じていたのは私一人かと思っていたのですが、周りの人に聞いてみると皆がそう感じていたみたいで不安が緩みました。
整髪剤かオーデコロンをつけているのかと思うほどのにおいです。

けれども絶対に彼の体から漂ってきます。
会社ではまだ何とかできますが、同じ車に乗ることになると呼吸をするのも大変なほど辛いです。

つい先日は雨降りで窓が開けられず、ニオイと車酔いで気分が悪くなってしまいました。
ニオイは彼のデスクや椅子、更には書類にまで付いていてニオイで彼の私物だとわかるほどです。
彼は未婚で彼女もいないみたいで、「やはりこのにおいじゃ…」と納得したものです。

半年ほど前のことです。
アルバイトに新人の女の子が入ってきて彼の仕事の手伝いをすることになりました。
「あまりにも可哀想だわ・・・」などなど、皆が心の中で同情していました。
きっと息を止めながら仕事しているんだろうと。

でもバイトの彼女はいつも嬉しそうに彼と話をしています。
おかしいなと感じつつも仕方なく笑っているのだろうと思いました。

そして2~3ヶ月して会社の飲み会があり、なんと2人は付き合い始めたことが明らかになりました。
誰かがこそっと、「臭いは気にならない?」と聞いたらしく、彼女はその臭いがこの上なく好きのようです。
人によって感じることは様々だと思いました。

中年に差し掛かった途端、自分の体臭が悩みになった

わたくしは今年で33歳になる独身女性ですが、三十路を過ぎてからというもの、中年に差し掛かったのかわたし自身の臭さが悩みになってきました。
「汗臭」っていうか取りあえず私自身、朝食前にいつもエクササイズを行っているせいか、新陳代謝もかなり良い方なのであんまりニオイが問題だと思った事はありませんでした。

たまに出向先で軽作業をしているのですが「体臭がする」だの「ニオイが強い」だの「見た目可愛いのにね」とか色々とセクハラ的なことを言われることがあります。
地下鉄を使って仕事に行っているので生足ではなくストッキングを着用しているのですが、蒸れがちなのでそのまんま友人の家に遊びに行ったりすると、「やばい、私蒸れ臭いぞ…」みたいな私自身ゾッとするほど発酵したようなムワッとくる「足臭」を漂わせてしまうこともあります。

これは本当に困るのでおフロのときによく洗ったり足汗が残らないようにしてケアしているのですが、あんまり効き目がないようで変わってない感じです。
友達の前で靴を脱ぐと「全然平気だから」とか遠回しに責められたりするのでマジで悩んでいます。

私はよく言う汗かきです。
誰かと手を繋げば、掌はびっちょびちょです。
顔に汗をかいたら、化粧が流れ落ちるほど。

汗に強いウォータープルーフを使っても怪しいのです。
一番、気掛かりなのがワキの汗ジミ。
とりあえず、脇汗用シートを貼っているのですけど、午前中一杯は持ち堪えるのは不可能です。

グレーなんてもってのほか。
色物は大体、ワキ汗が目立ってしまうのです。
黒ならマシかな。
白もマシな方です。

ですが、あせが原因でファッションに規制がかかるのは真剣に不自由です。
「服を着て、カッコ悪」って感じると、着ることを躊躇ってしまうのです。
お洒落な格好じゃなく、汗染みを隠すファッションが夏を凌ぐ方法です。

今は、慣れ親しんだお友だちとお出掛けする時には着替えを持っていくようにしています。
そこまでしてもワキ汗が目立つ事がキライなんです。
あ~あ、冬ならもっとファッション楽しめるのに。
夏は一番嫌いな季節です。

私自身が汗で困っている事は、「寝汗」になります。
夜寝ているときに、たくさん汗が出てきます。

寝る前にシャワーを浴びて、キレイに洗っているのですが、起床時家族に必ず「クサイよ」と言われます。
自分でも自分の汗臭さがわかるぐらいの臭いです。
そのため、布団から出てスグにシャワーを浴びに行き、汗をキレイに流してから出かけるようにしています。

過去の記憶をたどってみても、高校の頃までは臭うようなことはありませんでした。
大学に通い始めたくらいから、体質がかわったのか、朝目が覚めると匂うようになりました。
遺伝も考えましたが、他の家族にはそのような事は無く、私だけが臭うみたいなのです。

おかげで、彼氏とお泊まりするときも非常に気を使います。
朝カレシよりも先に起き、体を洗い流して臭いをなくすようにしています。
朝起きるのが苦手なので、早起きするのは一苦労です。

現時点では彼氏より先に起きられているのですが、起きられなかった時の事は考えたくないです。
寝起きにシャワーを浴びる事もときどき手間だと思う為、寝汗をかかないようにしたいです。

自分の嫌いな体臭が汗臭だったり、口の匂いやタバコの匂いです。
それまではそれほど気にはならなかったのですけど、高校に行くようになりたくさんの先生や生徒と同じ空間にいて「このにおいだけは駄目だな」と感じたことがあります。

運動した後の男の子の汗臭は無理です。
だいたい特定の男子の匂いがきついので厳しかったですね。
体臭を気に掛けている男の子だったらデオドラントを使っていたりするのですごくありがたいです。

他にも学校の中で気になる臭いは先生たちです。
煙草の臭いがしたり口が臭い人がいるのです。
先生とかすぐそばで話しをする事が多いため、直接臭いがくるのできつかったのです。
先生に臭う事は言えないのですが、前に立ってしゃべる人だし、学生と触れ合う距離も近いので気を使って欲しいですよね。

私の場合は色んな人のにおいが入り混じる所も気分が悪くなります。
とくに公共のバスの中の臭いはすごく苦手です。
いろんな人の体臭が混ざり合っていたり、独特なバスの中のにおいに気持ち悪くなってしまうのです。
ニオイ対策をしている方にクサイ人はいないのでしっかり対策して欲しいです。

11歳の頃に体験したちょっと辛い体臭エピソード

「体臭」は多かれ少なかれ皆さん持っていると思います。
私の帰宅したときの足臭など、嗅ぎながら周りにバレなくてよかった、と安堵する事も多いです。

ニオイと言えば、11歳の頃に体験したちょっと辛い体臭エピソードが今でも頭から離れません。
それは今までに嗅いだことのない「ニオイ」で我慢できる臭いではありませんでした。
そのにおいは、決まって登校すると鼻に入ってくるのです。

何のにおいかがはっきりして、困ったことになったなと思いました。
そのニオイは、よく一緒にいたすごく可愛い友達が発している、脇のニオイでした。
私は友人に教えてあげることはできませんでした。
可愛らしくて、マドンナ的存在だったからますます助言しづらい感じ。

けれど、そんなある日。
彼女の制服の脇の部分が、汗染みになっていたんですが、気付くと黄ばんでいました。
幼心にも同情して、クラスメイト達が気付き始めたので、友人にジャージに着替えることを提案しました。

あんなキレイな子がこの事が原因で、からかわれるようになってしまったこと。
わたしなりにつらかったです。

勇気を出して助言したのもその子のため思ってのことでした。
はじめは気まずい空気が流れていましたが、友達は親と話し合いお医者さんに診てもらったら臭いがなくなりました。

後日、友だちに「言ってくれて助かったよ」と言われて、こういう事はなるべく早く伝えてあげた方がいいんだなと悔やみました。
キレイな子だっただけに、憧れていた男の子はどん引きしてしまったみたいで、その後人気は急降下してしまいました。
「思春期」ならではのことだと思います。

その後、自分なりに体の匂いにはかなり敏感になり、衛生面に気を付けたり頻繁に汗を拭くようにしています。
しかしこの頃、加齢による体臭が出てきて困っています。

ワキから漂ってくる汗のニオイ。
気になりますよね。
そう感じる人は、まずお風呂に入りましょう。

シャワーを浴びるだけではなく、湯船にしっかり浸かりましょう。
お湯に入って15分位たてば、うっすらと汗が出てくるでしょう。

そのように、毎日汗を出すようにすれば、汗腺が鍛えられ、汗が臭いにくくなります。
と言いつつも、完全に無臭にするという事は難しいでしょう。
汗が洋服に染みて、その服のところに菌が増殖して、その雑菌の排泄物が臭い始めるからです。

そういう時に効果的なのが、市販の衣類用除菌・消臭剤です。
夜になったら、次の日着る服のわき一帯に、消臭・防臭スプレーをたっぷりふりかけ、干しておきます。

ふだんと同様に汗で服が湿り、そろそろニオイがするかな?というタイミングで、スプレーのほのかな香りがして、汗臭さを防いでくれるのです。
香りの強いスプレーだと、場合によっては頭痛の原因になってしまうかもしれないので、匂いが残らないものをおすすめします。

わたくしが気になるニオイはワキガ臭です。
異常なあのにおいを嗅ぐと気分が悪くなります。
職場にも居るのですがちゃんとケアをして欲しいなと思います。

この頃はデオドラントもワキガ専用のが売っているので状況に合わせて使ってほしいと思います。
わきがの人が近くに来ると必ずと言っていいほど咳が出ます。
その人に申し訳ないと思いつつもニオイが強烈なので自然と咳き込んでしまいます。

ワキガの人もワキガ体質で大変かもしれませんが、まわりの人たちのことも少しは考えてほしいのです。
わきが体質の人は気にかけている割に暗そうなイメージがあるので、開き直るかなにか自分でケアした方が良いのでは?と考えることがあります。
本当に臭いです。

特にわたくしが嫌悪感を感じるワキガの臭いはカレーのような香辛料のような臭いがする人はすぐに気づきます。
わきがの臭いはデオドラント剤を塗っても直ぐにワキガの臭いがしてきてしまうので手術を受けてほしいなと思ってしまいます。
手術をすれば再発もしないし本人のためにも周りのためにもプラスになるのにと思いました。

わたし自身は小さい時から多汗症で、人よりもあせがすごく多いです。
普通に歩いていてもまわりの人は汗をかいていないのに、ひとりだけ汗がだらだらだったり。
髪の毛も天然なのであせが出てくるとボーボーになるし、かゆくなってしまったりと、本当にあせに困らされています。

デブだったころは痩せている時よりもアセの量も多くかく速さも早かったので、痩せたのは汗の為といっていいくらいですし、汗に対しては本当に嫌だなと思っています。
最近は汗をかかないように工夫したり、汗を拭きとるシートは常に常備していますし、アセをかく季節は可能なかぎり運動はやらないようにしています。

「新陳代謝が活発なんじゃないの?」と言われることが多いのですが、私自身代謝は良くないほうで、岩盤浴などに行ってもなかなか発汗しませんし、冷え性でもあるので何が原因?と原因を知りたい所です。
汗なんていらないとは思いませんが、できるだけ汗を少なくする方法ってないのかなと考えています。

わたしが脇の臭いを気にするようになったのは小学校の5~6年生のころです。
バレーボールのクラブに入っていました。
たくさん汗をかくのでもちろん汗臭いのですが、それよりも「自分のわきのニオイはどうも普通じゃないのではないか?」と感じるようになったのです。

ニオイを嗅いでみると採れたてのトマトのような、鉛筆の芯みたいな匂い。
その頃はデオドラントスプレーでどうにかやっていましたが、大きくなってネットでいろいろ検索できるようになったので「自分はわきがなんじゃないか?」と思いはじめました。

周りに指摘されることもないし、夫に相談しても臭くないと言われているので重度のワキガではないようです。
それが暑い季節に汗をかくとプーンとにおってきてしまうのです。

それに引け目を感じて夏は好きな服を着ることができません。
ミョウバンが配合されたわきの臭い専用のクリームを塗るようにしたことでちょっとだけ改善したような気がしたのですが、やはり日中服が臭ってきてしまう…。

そこであたしはクリームを塗るタイミングを変えてみました。
以前は朝の出勤前に付けていたものを、お風呂上がりにつけるようにしました。
睡眠中も汗をたっぷり掻くので。

すると夏場も前よりにおいが気にならなくなりました。
私のようにワキのにおいに悩まされている人はお風呂上がりのお手入れはやってみる価値があります。

参考:クリアネオお試し通販!女性のワキガ対策におすすめのクリーム
URL:https://www.mediataide.com/

チョコを食べた時に顔にニキビができてしまうことが多くある

美容で気を付けていることは、食事に関する事です。
間食を食べるのはできる限りしないようにして、脂質の多いものは食べ過ぎないようにしています。
自分は、特にチョコを食べた時に顔にニキビができてしまうことが多くあるのです。

お菓子なんて、体の栄養分は含んでおらず、カロリーばかり摂ってしまうので毎日は食べないようにしています。
間食は、週に1~2日ほど頑張った自分のためにと少しいただきます。
ガマンをすることもストレスになってしまうためいい影響はないと思うからです。

いつもの食事は、野菜・魚料理・果物を多めに摂ります。
とりわけ、野菜とフルーツは日々いっぱい食べるようにしています。

体を動かすことも美容のために行うようにしています。
自分自身は、週5でヨガを行っています。

仕事で時間のない日などは、15~30分、休みの日は1時間程度ホットヨガを行います。
ホットヨガをすると、ストレスフリーになり気分転換になるのです。
あとダイエットにもなるので、やめられないです。
これからも美容に有効な事を模索しつつ、生活していきたいと思っています。

女性であれば全員が毎日の肌の調子など美容の事には関心が高いのではないでしょうか。
わたしが常にできる美容法として注意している事は食事です。
美しい肌を維持するのにはクレンジングとか洗顔などといった基本的なスキンケアは言うまでもなく大切なことなのですが、体の中を健康にする事も大事なのです。

なかでも腸が元気でないのはよくないことなので、便通を改善するようなお食事を毎日するように注意しています。
食物繊維を沢山含んでいる野菜を中心に、大豆製品などもバランスよく食べるようにしています。
生の野菜サラダがたくさん食べられない場合はスープや鍋にしたり、温めたりして毎回の食事で少量でも食べるようにすればお通じも良くなります。

高カロリーのおやつなどはできるだけ控えて、βカロテンやタンパク質などが入っている飲み物を毎日、飲むように習慣づけると腸がしっかりと働くようになりお肌の質もいい感じになります。
からだの内側が健康的になればおのずと肌質も健康的になっていきます。

ワタシが何よりも気をつけているスキンケアはUVカットです。
初夏の太陽光線は本当に紫外線が強く非常に皮膚に悪そうです。

ことに車に乗っているときの紫外線ダメージはすごいです。
UVカット手袋は言うまでもなく襟元をガードする事も必須です。
油断してUVカットストールなどでガードせずにいると、痒さと赤みが出てきてかぶれを起こすこともあり、わたしは主に初夏ころにそういう肌トラブルが起こります。
皮膚炎をおこすとそこだけが別の箇所よりも乾いた肌になってしまうので、首元に皺が出来るのが心配です。

という事でこの時期の美肌術はいつにも増して一生懸命やっています。
UVカットクリームは顔周り、首周り、手元に塗布してから、手や首をUVカットグッズで覆います。

更には、夜のケアでスキンケアを入念にして、水分補給、保湿をやります。
クレンジングで毎度いらない皮脂を除去しつつ癒やしのリンパマッサージ、そして、顔を洗う石鹸はしっかりと泡を作り顔面に満遍なく塗って数分待ってから擦らないように水洗いするというお手入れ方法です。

スッキリして本当に気持ちが良いです。
ぜひ試してみてほしいです。